日記なんて続かない…ので毎日のように試合のあるwebsoccerネタなら何か書けるんじゃないか?と思ってはじめてみる.目標は1週間!(爆
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
F1第8戦カナダグランプリ~波乱のレース
第8戦のカナダグランプリを、眠い目をこすりつつ見てました。

普通に、面白かったですw
リタイヤ続出!!

ひっさびさにあんなにどんどんリタイヤしていきましたね~。
それも、プレッシャーかかってウォールにヒットとか・・・

結局、完走は11台のみでした。優勝はライコネン。
表彰台にはフェラーリ2台が並びました。

これまで、ほとんどミス無くきていたルノーのアロンソがついにミスをしましたね。このグランプリを境に流れが変わるかも知れません。
なにせまだ、シーズンは半分も終わってないんだから・・・


とりあえず、今回のレースをおさらいすると・・・
スタートでルノーの2台がフロントローの2台をぶち抜いて、トップを快走。
フェラーリのシューマッハは出足が悪く、マクラーレンの2台にもかわされ、6位に後退。(バリチェロは予選タイムなしでピットスタート)

フロントローの2台は3ストップ作戦で燃料を積んでいなかったはずなのに、ルノーのペースには全くついて行く事ができず、ルノーがどんどん逃げていった。
3ストップの車がピットに入り、トップ4はルノーとマクラーレンの4台となる。ここで逃げたいルノーのアロンソだったが、チームメイトのフィジケラに抑えられ、なかなかペースが上げられない。
そうしているうちにマクラーレンの2台が猛追し、だいぶ差が詰まったところで2ストップの4台も各車1回目のピットストップへ・・・
ここでアロンソは長い給油をし、2回目の給油を先延ばしにする作戦にでた。この時点ではルノーとマクラーレンが全く同じタイミングでピットストップを行っていたため、アロンソの1周遅れで入ったマクラーレンのモントーヤがピット出口でアロンソの前に出られそうだったが、痛恨のミスをし、順位はかわらず・・・

ピットストップで一時、差の開いたフィジケラとアロンソだったがどうにもフィジケラのペースが上がらず、アロンソはまたも抑えられる形になったが、CMの間にフィジケラがトラブルでリタイヤ。
それによって前の開いたアロンソだったが、後ろに迫るモントーヤのプレッシャーからか、10周もしないうちにウォールにリアタイヤをヒットさせスローダウン。(これまたCM中・・・><、しかも戻ったとき解説者陣は気づいてなかったし・・・)そのままリタイヤし、マクラーレンが1・2体制を敷く。
3番手は3ストップ作戦を取ったバトンとシューマッハがいつの間にか競っていたw
琢磨は1回目のストップの後しばらくしてからガレージに・・・レースが終わったように見えたが、なんと、レース中盤過ぎに復帰し、周回を重ねていたw

このまま、マクラーレンが給油を1回行って勝つかと思った矢先に3番手を争っていたバトンがウォールに激しくヒットし前輪が壊れてそのままストップ、邪魔なところで止まったため、セーフティーカーが導入される。
この時トップのモントーヤはピットに入れず、ライコネンだけがピットイン。フェラーリの2台もこのタイミングを逃さずにピットに入った。
ピットインのタイミングを逃したモントーヤはその1周後にピットに向かったが、大きく順位を落とす・・・ところだったのだが、あせったのか、赤信号無視で隊列の途中に戻ってしまう・・・これにより失格。(ブラックフラッグなんてはじめて見たw)
この時点でなんとフェラーリの2台がいつの間にか2位と4位に・・・
3位にはトヨタのトゥルーリがきたがしばらくしてからブレーキトラブルで、リタイヤ。その何周かあとに琢磨もブレーキで今度こそリタイヤに・・・
前回のヨーロッパグランプリでブレーキにトラブルをかかえ最終周でクラッシュしたライコネンは今回はトラブルを起こさずにそのまま逃げ切って見事トップチェッカー。2番手3番手には棚ぼたのようにフェラーリが入った。

どの車も、狭いコースで非常に抜きづらそうで、周回遅れもうまくよけるのが大変そうだったレースでした。
また、レース中トップを走った車が3台もリタイヤになるといった波乱も起こり非常に面白いレースでした。(おきててよかった♪)

結果としてフェラーリ2台は2位3位と入りましたが、あのスタートの抜かれ方や前半のペースとかみると、去年のような強さは無いなぁ~と感じました。安定感はさすがですが・・・
一方でルノーとマクラーレンの争いはますます激しくなってきそうで中盤戦に向けて楽しみになるようなレースではなかったでしょうか。

毎回こんなサバイバルレースだと面白いんですけどねーw
次戦はアメリカ。そろそろ琢磨もポイントを!って感じですね。
スポンサーサイト

【2005.06.13 (Mon)】 その他 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
« ワールドユース 日本vsベナン | BLOG TOP | ワールドユース開幕戦日本vsオランダ »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://vikstar.blog10.fc2.com/tb.php/10-0554a5f7
これが普通の状態です。あと3週でミハイル・シューマッハの追撃を受けたと時は、かなり嫌な予感はしたが、何とか逃げ切ってくれた。特に、後半ブレーキをやられてリタイヤするマシーンが多かっただけに冷や冷やさせられた。表彰台に上がったライコネンは、相変わらずシ
V35スカイラインクーペが欲しい! 【2005.06.13】
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
vikstar
  • vikstar
  • サッカーはマリノス、野球はベイスターズ。ともに横浜のチームのファン。
    その他にはNFL、NBA、F1等結構いろんなジャンルのスポーツが好きです♪
    現在ファンタジーサッカーに2チームで参戦中!2チーム目の目標は今年の後期で昇格です!
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 豆のウェブサカ記録 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。