日記なんて続かない…ので毎日のように試合のあるwebsoccerネタなら何か書けるんじゃないか?と思ってはじめてみる.目標は1週間!(爆
05 // 2005.06 // 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
コンフェデ杯日本vsブラジル
今更ですが、コンフェデレーションズカップの日本vsブラジル戦を、ビデオで見ました。

リアルタイムでは見れなかったので、「ジーコになって最高のゲームだったのでは?」といった噂はたくさん聞いていたので、期待してみてました。

試合全体を通してボールは支配されているものの、前半の半ばや後半の最初の方などはすばやいパス回しから決定的なシーンを作るなど、かなり可能性を感じられる、収穫の多いゲームだったように思います。得点シーンのほかにも前半頭の加地の飛び出しや後半頭の決定的ないくつかのチャンス、後半終了間際の大黒のヘッドなど勝っていてもおかしくない内容でした。

今大会は来年のワールドカップに向けて、非常にいい経験になったと思います。
特に加地、福西の2人は予想以上に良かったと思います。
大黒はそろそろスタメンになるんでしょうか?この先のジーコの判断が待ち遠しいですね。結果は充分に残してるだけに、早くスタメンの座を取って欲しいものです。ブラジル戦のポスト直撃のFKにしっかりつめてボレーで捕らえるなんて日本のFWじゃないみたいでしたw

中田、中村の2人は移籍するかもしれませんが、いいアピールになったと思います。
特に中村は大きく評価を上げたんじゃないでしょうか。ブラジル戦のミドルシュートはすごかったです。FKもGKは動けてなかったですし・・・
ゴール前でフリーでボールもらえれば何かしてくれるような気にさせられる選手ですね。
一方の中田も簡単にボールを失う場面があまり見られず、安定したプレーを見せてくれましたね。やっぱり、うまいなぁ~と唸らせられるプレーが数多くありました。


逆に、課題は最後の決定率はまだ改善されてないかな~と感じました。せめて、枠に飛ばそうよってシーンがやっぱり多かったですねw
あとは左サイドのアレックスの無駄なイエローの多さは心配です。あそこまで多いと他の選手使ったほうがいいんじゃない?って思います。
小笠原も全体的にボールを失うことが多かったような気がします。小野が戻ったら外されるのかな?光るプレーもあるにはあるのですが、全体的にはイマイチなだと感じました。


今回のコンフェデレーションズカップはかなり収穫がありましたね。これからが楽しみです♪
本格的に4-4-2に移行するのかも注目ですし、それに合わせてメンバーをどうするのかも・・・
ワールドカップまでの残り約1年でしっかりと強化して、順調にステップアップしていって欲しいですね♪
スポンサーサイト
【2005.06.28 (Tue)】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
コンフェデ杯 日本vsギリシャ
昨日の明け方にコンフェデレーションズカップ 日本vsギリシャが行われました。
W杯に出れるかもわからないギリシャですが(現在グループ3位)、それでも欧州チャンピオンですし、どんなサッカーをするんだろう・・・と期待してたのですが・・・

はっきり言って全然動けて無かったですね・・・序盤から終始日本が押し気味に試合を進めます。
ギリシャの選手の動きの鈍さは明らかで、日本のほうはコンディションがいいようでどんどんとパスを繋いでいました。
この試合日本は4-4-2で前線の二人はどんどんフリーなスペースを見つけて、そこに走っていきます。特に玉田の動きが良かったような感じです。
前半から攻めてはいたのですが、肝心のゴールはなかなか奪えません・・・とにかくシュートが枠に飛ばない・・・
さすがに高さではギリシャが圧倒的に強くクロスの類はことごとく跳ね返され、裏を抜けてもシュートをミス…得点の予感はしてもゴールには結びつかないような展開で前半が終了しました。
前半だけで2~3点奪えてもおかしくなかったギリシャの出来だったので、改めて決定力不足が深刻だと感じられました。
一方、前半の守備ですが、ほおりこんできた相手にしっかりと体をよせて頑張っていたと思います。ちょっとファールが多かったような気もしますが、まぁ安定してたといえるでしょう。
ギリシャは前半のうちに選手交代をし立て直しを図りましたが、あんまり効果が無かったような気がします。

後半に入り日本はメンバーチェンジなく、ギリシャは2人目の交代をしてきました。
後半開始直後はギリシャがギアをあげてきて攻勢にでてきます。それに加え、小笠原が無駄にボールを失ったおかげで前半よりは押し込まれるような展開になりましたが、ここでも最後はきっちりと体をよせしっかりと守っていました。この間にギリシャは最後の交代枠を使い切って勝負してきましたが、日本は後半の19分に大黒、28分には遠藤を立て続けにいれ、疲れで更に動きの悪くなったギリシャを攻めに行きます。
いい加減先制点取らないとまずいんじゃないかと思われた後半31分。福西からの縦のボールを相手DFがブロックしましたが、そのボールが俊輔の足元に転がり、すかさず、スルーパスを出し、抜群の飛び出しを見せた大黒がゴール左隅に流し込み、待望の先制点を奪います。
その直後に川口からのゴールを戻そうとした田中のパスが弱く相手にさらわれ、ピンチを迎えるといった場面もありましたが、日本はしっかりと攻め続け、そのままタイムアップで1-0でギリシャを破りました。

まぁ、ギリシャの出来を考えると1点というのは非常に不満の残る成績でしたが、とにかく勝ちを拾えたのは良かったと思います。


この試合、良かったのは
加地、玉田にゴールを決めた大黒でしょうか・・・
加地はDFをしながらも何度か効果的な攻め上がりを見せてましたし、玉田はそのスピードで何度か裏を取ってました後はシュートさえ…って感じでした。
それにしても、大黒の決定力はさすがですね。後半途中からの登場なのにしっかりと仕事をしてくれます。そろそろ先発で使ってもいいんじゃないでしょうか・・・

逆にいまいちだったのは小笠原ですかね~。ラストパスが雑だったりボールを持ちすぎてつめられて奪われたりというシーンが結構目立ちました。シュートを空振りしたりもしましたし。
後は小笠原が抜けた直後の俊輔の動きもぎこちなかったですが、決勝点のアシストでチャラですねwあのあたりはさすがです。

ま、とにかく勝てたので良かったです。次の相手はブラジルですが、ブラジルもメキシコに負けたため、日本が上にあがるためには勝利が必要な状況になりました。
とにかく、頑張ってもらって一泡吹かせて欲しいものです。
【2005.06.21 (Tue)】 サッカー // TRACKBACK(2) // COMMENT(0)
F1 USグランプリ
コンフェデが終わって、F1でも見て寝るか~・・・と思ってたら、なんだか怪しい雲行きとか・・・
なんでも、フリー走行中に起きたトヨタのラルフ・シューマッハのクラッシュの原因がミシェランタイヤに起因するもので、(このUSグランプリはオーバルコースとうねうねしたいわゆる普通のコースがくっついたような形になっていて、その接続部分を走るとタイヤの消耗が激しすぎて非常に危険だ・・・って話らしいです)
それによってサーキットでは10周以上走行したミシェランタイヤで走らないようにとの要望が起き、それに伴ってミシェラン側は安全性を確保しているタイヤを急遽空輸してもってきて、全車にそのタイヤの着用を許可するようにFIAに申請するも、1レースで1つのタイヤセットしか使ってはならないという今年のおかしな新レギュレーションをたてにFIAはその要求をつっぱねました。
ならば・・・とミシェラン側は問題の危険なオーバルの部分をシケインにするようにと、要求しましたがこれもFIAが突っぱねたらしいです。

・・・で、その結果ですが、ミシェランを履く全車はフォーメーションラップを走りそのままピットに入り全車リタイヤという最悪なレースをすることになりました・・・グリッドについたのはフェラーリ、ジョーダン、ミナルディのブリヂストンユーザーのみでした。
6台だけのレースは結局最後まで続けられ、初めての表彰台にジョーダンのモンテイロがのぼりました。

まぁ、ブリヂストンユーザーのチームがレースを行うのは当然のこととして、(ポイントうんぬんではなく、チームの目的であるはずの、「速い車を作ってそれが走る姿をファンに見てもらう」ということに従えば、レースをボイコットすることはありえない事だと思います。)問題なのは、FIAとミシェランですね・・・

ミシェラン側は、不利益と知りつつもドライバーの安全を第一に考え、自分たちの作ったタイヤの非を認める発言を公表し、それについての改善策を模索し提案していったという点は評価できると思います。(そもそも、危険になるようなタイヤを作るのは大いに問題なので当然の事ではあるのですが・・・)
それについて、ミシェランを履くチームがボイコットをするというのも、チームとタイヤの切り離せない関係からすると、まぁ仕方が無いところはあると思うのですが、

ほとんどのチームがOKを出していたにもかかわらず、タイヤの交換をもさせなかったFIAが一番の問題だと思います。
はっきり言って頭が堅すぎです。
F1にとって最も大事なのは何でしょうか?F1を面白くするためのレギュレーションかもしれませんが、ではその面白くするための理由は何なんでしょう?ファンのためではないのでしょうか?これでは、本末転倒と言われてもおかしくないと思います。
全てのスポーツはファンあってのものでしょう?ファンがいるからこそ、それに金を出しアピールをする企業もあるし、それによって利益も生まれるんじゃないでしょうか?
もう一度、根幹となるファンについて真剣に考える事をして欲しいものです。

今回のレースについて、もちろん多くの議論がされると思いますが、
タイヤの新レギュレーションがどうこう・・といったことだけでなく、もっと広く今後F1がどうなっていくのかまで踏み込んだ議論が巻き起こることを期待します。(もう一度ファンについての態度を考え直して欲しいです。)
もし、そんな議論がされずに、あっけなく問題を片付けてしまったら(そんな事は無いと信じたいですが・・・)モータースポーツの最高峰といわれたF1は今後どのようにどのようになるのか非常に心配です。
【2005.06.20 (Mon)】 その他 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
コンフェデ杯 日本vsメキシコ
コンフェデレーションズカップ日本の初戦はメキシコ戦です。
メキシコはリベルタドーレス杯によって主力4選手?が当日に合流したらしいので、ベストメンバーではなさそうです。

試合は、前半相手にパスを回されながら押し込まれるといった展開(試合中を通してこの図式だったような感じです)
前半10分くらいから慣れてきたのか徐々にボールを持った選手を2~3人で囲めるようになり、前半12分小笠原のパスから右サイドを抜け出した加地がクロスをグラウンダーのクロスを上げ、これをピンポイントで柳沢がゴールに流し込むといったきれいなゴールが生まれた。ほぼ1タッチ2タッチで繋いだゴールシーンだった。
この先制点をきっかけにゴール前まで相手につながれる事が少なくなり、中盤でのボール奪取から攻撃に転じる場面もいくつか見られるようになっていった。
しかし、徐々に押し返されてきた前半39分、横パスを素早く繋がれてシュートコースを切りにいけなかったところをすばらしいミドルシュートで決められ、同点となる。
前半はそのまましのぎ1-1で折り返した。

後半になっても図式は変わらず、押し込まれる展開(とにかく、メキシコのパス回しが早かった・・・)
そして、後半19分に左サイドからのクロスから勝ちこしのヘディングを決められしまう。
後半30以降足の止まりはじめた相手にいくつか惜しい場面も作るものの、ゴールはわれず、結局2-1での敗戦。

正直、まだまだ力の差は大きいなと感じました。
守備面では、相手のパスワークに終始翻弄されてたな・・といった印象で、
その上、相手の戻りの早さも素晴らしく、カウンターがほとんど仕掛けられないような感じでした。(その分、先制点は評価できますがw)
サポートの早さなども見習う点はたくさんあったのではないかと思います。

やっぱり、あのレベルの相手の場合、簡単なパスをミスをしたりすると勝てないですね。
まず、丁寧にやれば失わなくてすむようなボールを確実に繋げるようになっていって欲しいです。
この大会を通して一段上のレベルになってくれることを期待したいと思います。
この試合を通して加地がよかったですね~。ぜひこのパフォーマンスを続けて欲しいです!
他には、中田、小笠原、福西はよかったけど、俊輔は良くなかったですね。
FWは柳沢で決まりかな?いろんなとこに顔を出していました。


でも、やっぱりアジア4.5枠は多いな~w
あの内容じゃあ・・・
【2005.06.17 (Fri)】 サッカー // TRACKBACK(4) // COMMENT(0)
ワールドユース 日本vsベナン
結果は、1-1の引き分けでした。

正直、勝ってほしい試合でした・・・が、まぁ妥当といえば妥当な結果かも・・・って感じの内容でした。

相手のベナンはその前の試合の、オランダほど、速さや上手さは感じなかったものの、守備のときの球際の強さみたいなものは感じられました。

前半最初はやや引き気味のベナンに対し日本がサイドから効果的な攻撃をしていました。特に左サイドの家長は何度も突破を仕掛けて相手DFのファールを誘ったり、と完全に支配してた感じでした。
サイドからいくつかFKやCKを含めチャンスがありましたが、結局ゴールに迫るまでは至らず、その後はだんだんと攻められはじめました。
DFがよくがんばってたんですが、前線の平山のところでボールをキープできず(ベナンはよく研究してたようで、平山のところは狙われていたように感じました)、攻撃にさらされ続ける時間になってきました。
それでも、DFががんばって決定的なピンチまでにはしていませんでした。しかし、前半の37分に前線から詰められ兵藤が自陣でトラップミスをしたところを奪われ、そのままカウンターとなり先制点を許してしまう。(粘り強く守れていただけに、もったいない失点でしたが、それ以前からつなぎの部分で簡単なミスがあったので、取られるべくして取られた気もします・・・)
その直後に家長の突破から、平山の頭にどんぴしゃで合ったのですがボールは枠の外・・・
そのまま前半は終了。

後半に入ると、梶山に変えて水野を投入。これがはまり、水野と左サイドの家長からいくつかチャンスを迎えました。そして後半20分に家長のドリブルからゴール前でFKのチャンスを得これを水野がしっかり決めて1-1の同点になりました。(相手のGKはなんであんなにサイドに寄ってたのでしょうか?壁さえ越せば難なく入るような空け方でしたね)
その後、後半25分に相手選手の遅延行為で、2枚目のイエローカードが出て、日本は数的有利になり、更に攻めが続可と思われたのですがなかなかシュートまでは持っていけないまま、試合は一進一退の膠着状態へ・・・
この時間人は多いのですが、DFをした後のボールを簡単に失う(DFラインからほおりこんで、取られるパターンが目立ちました。ちゃんと繋ぐとチャンスにはなってたのですが・・・)ような事が続き、森本、苔口(なぜか、今日のっていた家長との交代・・・)を投入するもののそのままタイムアップで引き分けにおわりました・・・最後のほうはかなり消化不良な感じでしたね。

最後に、何人か気になった選手を・・・
まず、今日一番の出来は家長でしょう。左サイドを完全に制圧してるかのように仕掛けCKやFKを得、抜き去ればクロスをあげ完全に攻撃の起点になってました。彼が下がった後の攻撃を見ても一目瞭然(何故かえたんだか・・・><)

次に水野。オランダ戦もそうでしたが、この人のFKはほんとに正確でしたね。いいボールを蹴ってました。ロングスローも平山の高さを生かす意味ではよかったです。

次、柳楽。DFでは体を張って食い止めたいへんな貢献でした。。。が、攻撃の組み立てが全く出来て無かったですね・・・奪った直後に前線に入れようとしたパスはほとんどカットされてました。

次、平山。今日は2人がかりで抑えられほとんど競り負けてました。見せ場は前半の失点直後のヘディングと後半最初のシュートくらいしか思い当たりません。彼のところでボールが収まらないと攻撃にならないですね・・・

最後に、兵藤。いいプレーもありましたが、前半のCKやFKは全く合わなかったです。あそこで合わせていれば・・・水野と比較しちゃうといまいちでした。失点シーンはたまたまミスをしたのが兵藤だっただけで、あの時のミスが無くてもほかの誰かがミスしたかもしれませんが・・・全体的にはよくない出来だったのではないでしょうか・・・


このゲームは特に後半、ボールを奪っても、狙われてるにもかかわらず平山にあてにいくだけだったのが残念です。あそこでもっときちんと繋げてたら、勝ち点3を取れてたように思います。
もうちょっとシュートまで繋げて欲しかったなぁと思いました。

これで、次戦は勝つしかなくなったので思いっきり戦って欲しいです。次勝って、ベナンがオランダに負けてくれれば2位で予選突破できますし・・・
つまらないイエローはもらわずにきっちり勝ってほしいものです。
【2005.06.16 (Thu)】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
F1第8戦カナダグランプリ~波乱のレース
第8戦のカナダグランプリを、眠い目をこすりつつ見てました。

普通に、面白かったですw
リタイヤ続出!!

ひっさびさにあんなにどんどんリタイヤしていきましたね~。
それも、プレッシャーかかってウォールにヒットとか・・・

結局、完走は11台のみでした。優勝はライコネン。
表彰台にはフェラーリ2台が並びました。

これまで、ほとんどミス無くきていたルノーのアロンソがついにミスをしましたね。このグランプリを境に流れが変わるかも知れません。
なにせまだ、シーズンは半分も終わってないんだから・・・


とりあえず、今回のレースをおさらいすると・・・
スタートでルノーの2台がフロントローの2台をぶち抜いて、トップを快走。
フェラーリのシューマッハは出足が悪く、マクラーレンの2台にもかわされ、6位に後退。(バリチェロは予選タイムなしでピットスタート)

フロントローの2台は3ストップ作戦で燃料を積んでいなかったはずなのに、ルノーのペースには全くついて行く事ができず、ルノーがどんどん逃げていった。
3ストップの車がピットに入り、トップ4はルノーとマクラーレンの4台となる。ここで逃げたいルノーのアロンソだったが、チームメイトのフィジケラに抑えられ、なかなかペースが上げられない。
そうしているうちにマクラーレンの2台が猛追し、だいぶ差が詰まったところで2ストップの4台も各車1回目のピットストップへ・・・
ここでアロンソは長い給油をし、2回目の給油を先延ばしにする作戦にでた。この時点ではルノーとマクラーレンが全く同じタイミングでピットストップを行っていたため、アロンソの1周遅れで入ったマクラーレンのモントーヤがピット出口でアロンソの前に出られそうだったが、痛恨のミスをし、順位はかわらず・・・

ピットストップで一時、差の開いたフィジケラとアロンソだったがどうにもフィジケラのペースが上がらず、アロンソはまたも抑えられる形になったが、CMの間にフィジケラがトラブルでリタイヤ。
それによって前の開いたアロンソだったが、後ろに迫るモントーヤのプレッシャーからか、10周もしないうちにウォールにリアタイヤをヒットさせスローダウン。(これまたCM中・・・><、しかも戻ったとき解説者陣は気づいてなかったし・・・)そのままリタイヤし、マクラーレンが1・2体制を敷く。
3番手は3ストップ作戦を取ったバトンとシューマッハがいつの間にか競っていたw
琢磨は1回目のストップの後しばらくしてからガレージに・・・レースが終わったように見えたが、なんと、レース中盤過ぎに復帰し、周回を重ねていたw

このまま、マクラーレンが給油を1回行って勝つかと思った矢先に3番手を争っていたバトンがウォールに激しくヒットし前輪が壊れてそのままストップ、邪魔なところで止まったため、セーフティーカーが導入される。
この時トップのモントーヤはピットに入れず、ライコネンだけがピットイン。フェラーリの2台もこのタイミングを逃さずにピットに入った。
ピットインのタイミングを逃したモントーヤはその1周後にピットに向かったが、大きく順位を落とす・・・ところだったのだが、あせったのか、赤信号無視で隊列の途中に戻ってしまう・・・これにより失格。(ブラックフラッグなんてはじめて見たw)
この時点でなんとフェラーリの2台がいつの間にか2位と4位に・・・
3位にはトヨタのトゥルーリがきたがしばらくしてからブレーキトラブルで、リタイヤ。その何周かあとに琢磨もブレーキで今度こそリタイヤに・・・
前回のヨーロッパグランプリでブレーキにトラブルをかかえ最終周でクラッシュしたライコネンは今回はトラブルを起こさずにそのまま逃げ切って見事トップチェッカー。2番手3番手には棚ぼたのようにフェラーリが入った。

どの車も、狭いコースで非常に抜きづらそうで、周回遅れもうまくよけるのが大変そうだったレースでした。
また、レース中トップを走った車が3台もリタイヤになるといった波乱も起こり非常に面白いレースでした。(おきててよかった♪)

結果としてフェラーリ2台は2位3位と入りましたが、あのスタートの抜かれ方や前半のペースとかみると、去年のような強さは無いなぁ~と感じました。安定感はさすがですが・・・
一方でルノーとマクラーレンの争いはますます激しくなってきそうで中盤戦に向けて楽しみになるようなレースではなかったでしょうか。

毎回こんなサバイバルレースだと面白いんですけどねーw
次戦はアメリカ。そろそろ琢磨もポイントを!って感じですね。
【2005.06.13 (Mon)】 その他 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
ワールドユース開幕戦日本vsオランダ
ワールドユースの開幕戦。ホスト国のオランダと対戦した日本ユース。
惜しくも1-2で負けました><

・・・が結構いい試合だったように思います。

試合を通して、パスのスピードやボールを受けたときの動きや決定力はさすがに相手のほうが上でした。特にオランダの左サイドの7番(名前忘れた・・・)にはいいように突破されてましたね~
前半の2点目の引きずり倒しながらのドリブルはすごかったです。
はっきり言って、前半はボール持つと必ず抜かれそうな気がしてましたw
A代表でも加地じゃ止まらなかったと思います。

前半は、個々の能力の差がものすごく感じられ、惨敗も覚悟して後半も見てたのですが・・・

後半は相手7番に対する右SBの中村が相当がつがついくようになって、前半のように、スピードに乗る前から仕掛けられて突破されるような場面はだいぶ減ってきたと思います。(それでも、クリアボールから一気にスピードに乗られたりとかはありましたが・・・)
全体的に後半はDFが頑張ってたような気がします。

後半も20分過ぎたあたりから、だいぶチャンスも出始め、FKから平山が見事なヘッドを叩きつけ1点差にし、後半残り10分あたりからは、決定的なチャンスも作れるようになり後半43分あたりには決定的なチャンスをカレンがふかしたり(トラップまではよかったのに・・・)
ロスタイムには混戦から森本のシュートを相手キーパーがファインセーブしたりと、結構手に汗握る展開になりました。

それにしても平山すごかったです。ロングフィードにことごとく競り勝ち日本の攻撃を一手に引き受けてたような感じでした。
あとはこぼれ球をいかに拾うかですね。
いまひとつだったところは、特に前半、カウンターを仕掛けてから、周りを見てその間につめられてパスをカットされるシーンが多かったのでそこらへんは修正して欲しいですね。
他には中盤からの組み立てがいまひとつでしたね。もうちょっと組み立ててもらいたいところです。
まぁ、次の試合はしっかりと立て直すことを期待します。


対するオランダですが、はっきり言って攻撃陣は反則ですね。囲まれててもキープして前を向くし、スピードに乗ればぶっちぎるだけの速さはあるし、何よりいけると見たらどんどん仕掛けてくるから怖さを感じますね。
それに比べると、DF陣は若干劣りますねw
平山にはほとんど競り負けてたし、ちょっとしたミスもいくつか見受けられました。

それでも、決定機をきちんと決めきるあたりはさすがでしたね。日本もゴールのほかにも惜しい場面が3つくらいはあったので、それを後一つでも決めてれば充分に戦えそうですね。

まぁ、負けはしましたが、収穫はあった試合じゃないかと思います。ぜひベスト8以上を目指して頑張って欲しいものですね♪
希望の持てる試合でしたし、起きてて良かったと思えたんで充分ですw

【2005.06.11 (Sat)】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
祝!日本勝利♪&W杯出場♪
日本勝ちました!そしてワールドカップ出場決めました!

ばんざ~い♪

テレビでも聞こえてた外にいる応援団の声がなかなかよかったですw
前半は、はらはらしましたけど、後半はしっかりと立て直したし完勝でしょう!

あっさり、鈴木から大黒にスイッチしたのがよかったですね。

前半フリーで打たれたヘッド以外にピンチらしいピンチも迎えず、攻めては、久々の2得点!!
大黒がよかったですw
1点目のときににはきっちりと2人を引きつけて競ってたし、2点目はすばらしい飛び出しとゴール前での落ち着きでしたね。

まるで、去年の久保のように一気に定着しそうな勢いですねw


今日、帰るときに試合開始に間に合う、ぎりぎりの電車で帰ったのですが、もう、ありえないくらい混んでましたw
あの時間にギュウギュウ詰めで帰ることになるとは思ってませんでしたww
今日の試合の注目度の高さをそんなところで実感しちゃいましたw

とにかく、勝ってよかったです!今日は思いっきり喜びたいですね!
【2005.06.08 (Wed)】 サッカー // TRACKBACK(3) // COMMENT(1)
祝!日本勝利♪
1-0でバーレーンに勝ちました

W杯にだいぶ近づきましたね!!

次の北朝鮮戦できっちりと決めて欲しいところです!2人(3人?)出場停止ですが・・・

それにしても、ヒデうまかったですね~~。今日のMVPでしょう!
とても、しばらく試合に出て無かったとは思えないw
1点目のくさびのボール入れたのもヒデっぽかったし(違うかもしれないけど)、サイドに出たり、ボールを散らしたりetc
後半、みんな疲れてるところでは特に目立ってましたねぇ~。
PK(審判の目が腐ってたおかげで取られなかったが…)やサイドへの大きな展開等、ことあるごとに画面に出てきた気がします。

相手のバーレーンが後半疲れてダメダメだったのにも助けられましたけど、勝ち点3をしっかり取れてよかったです!


次節は、最低でもアレックスとヒデ、もしかしたら俊輔も出られませんが、完全なアウェーってわけでもないですし(相手は負けると3位以内も消えるんで必死でしょうが…)勝って決めて欲しいところです。

とりあえず、今夜は勝った喜びを噛み締めながらねむれそうです♪


【2005.06.04 (Sat)】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
vikstar
  • vikstar
  • サッカーはマリノス、野球はベイスターズ。ともに横浜のチームのファン。
    その他にはNFL、NBA、F1等結構いろんなジャンルのスポーツが好きです♪
    現在ファンタジーサッカーに2チームで参戦中!2チーム目の目標は今年の後期で昇格です!
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 豆のウェブサカ記録 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。