日記なんて続かない…ので毎日のように試合のあるwebsoccerネタなら何か書けるんじゃないか?と思ってはじめてみる.目標は1週間!(爆
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
NFL開幕~♪
ついにNFLが開幕♪
開幕戦は去年のチャンピオンのPITvsMIA
今年も他にツールがないので文字観戦><
かなり遅れて4Qからで17-14でMIAリードの場面から…
PITの攻撃中で結構長いドライブ中ってところ

文字観戦だと一気に場面が進むので他のサイトを見ながら見ていたら…ゴール前1yでファンブル!!でMIAがリカバー!!
同点は堅いと思ったところで出るのか~やっぱNFLおもろいなぁ~と感じるw
そうして奪ったMIA自陣5yからのドライブはもうちょっとでFGレンジってとこでPITが抑えてパント.PIT自陣13yくらいからの攻撃ってとこで少し目を離してたら………
1発で決めちゃいましたw32yのとこでキャッチみたいなのでWRががんばって走ったんだな…映像で見たいわ…orz

あっさりと逆転したせいでMIAの攻撃残り時間は6分はある.さてどう組み立てるのか…なんて思ってたらINT…まぁいいけどねダンテ嫌いだしw

モメンタムは一気にPITに傾きFGのチャンス.MIAはこのドライブでTOを使い切って守る.FGはボールオンMIA26yだから18足して44yかな?って計算してるうちにリロード…あれ?外れてるw
ホント色々起こるな~w

……って思ったのもつかの間,直後のプレーでINTリターンTDでほぼ勝負ありwこの最終盤でINT2個献上とは気前いいな…MINに何も残さなかったくせにw

と,ゲームの方は4Qだけだったけどおもしろかったぁ♪またしばらくは文字観戦続きだなぁ…他のツールが欲しい.特に映像が…BS用にビデオ買っておくかな…
スポンサーサイト
【2006.09.08 (Fri)】 その他 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
やっと終了~♪
やっとこ卒研発表終了~♪

ラスト3週間で無理やり方向性を固めただけあって,この3週間は今までで一番勉強してるんじゃないかってくらいでしたがw

正直間に合うか不安だったけど,なんとか間に合ってよかったわ~(卒研ってもっとラクだと話に聞いていたのに…)
発表も一番最初だったから緊張したものの大きなミスもしなくてすんだし一安心♪(緊張で自分の名前すら噛みそうになったけどw)

とは言っても無理やり間に合わせただけあって追認実験がたくさん…orz
プレッシャーがないだけマシか・・・


今度は修論か…
【2006.03.04 (Sat)】 その他 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
F1 USグランプリ
コンフェデが終わって、F1でも見て寝るか~・・・と思ってたら、なんだか怪しい雲行きとか・・・
なんでも、フリー走行中に起きたトヨタのラルフ・シューマッハのクラッシュの原因がミシェランタイヤに起因するもので、(このUSグランプリはオーバルコースとうねうねしたいわゆる普通のコースがくっついたような形になっていて、その接続部分を走るとタイヤの消耗が激しすぎて非常に危険だ・・・って話らしいです)
それによってサーキットでは10周以上走行したミシェランタイヤで走らないようにとの要望が起き、それに伴ってミシェラン側は安全性を確保しているタイヤを急遽空輸してもってきて、全車にそのタイヤの着用を許可するようにFIAに申請するも、1レースで1つのタイヤセットしか使ってはならないという今年のおかしな新レギュレーションをたてにFIAはその要求をつっぱねました。
ならば・・・とミシェラン側は問題の危険なオーバルの部分をシケインにするようにと、要求しましたがこれもFIAが突っぱねたらしいです。

・・・で、その結果ですが、ミシェランを履く全車はフォーメーションラップを走りそのままピットに入り全車リタイヤという最悪なレースをすることになりました・・・グリッドについたのはフェラーリ、ジョーダン、ミナルディのブリヂストンユーザーのみでした。
6台だけのレースは結局最後まで続けられ、初めての表彰台にジョーダンのモンテイロがのぼりました。

まぁ、ブリヂストンユーザーのチームがレースを行うのは当然のこととして、(ポイントうんぬんではなく、チームの目的であるはずの、「速い車を作ってそれが走る姿をファンに見てもらう」ということに従えば、レースをボイコットすることはありえない事だと思います。)問題なのは、FIAとミシェランですね・・・

ミシェラン側は、不利益と知りつつもドライバーの安全を第一に考え、自分たちの作ったタイヤの非を認める発言を公表し、それについての改善策を模索し提案していったという点は評価できると思います。(そもそも、危険になるようなタイヤを作るのは大いに問題なので当然の事ではあるのですが・・・)
それについて、ミシェランを履くチームがボイコットをするというのも、チームとタイヤの切り離せない関係からすると、まぁ仕方が無いところはあると思うのですが、

ほとんどのチームがOKを出していたにもかかわらず、タイヤの交換をもさせなかったFIAが一番の問題だと思います。
はっきり言って頭が堅すぎです。
F1にとって最も大事なのは何でしょうか?F1を面白くするためのレギュレーションかもしれませんが、ではその面白くするための理由は何なんでしょう?ファンのためではないのでしょうか?これでは、本末転倒と言われてもおかしくないと思います。
全てのスポーツはファンあってのものでしょう?ファンがいるからこそ、それに金を出しアピールをする企業もあるし、それによって利益も生まれるんじゃないでしょうか?
もう一度、根幹となるファンについて真剣に考える事をして欲しいものです。

今回のレースについて、もちろん多くの議論がされると思いますが、
タイヤの新レギュレーションがどうこう・・といったことだけでなく、もっと広く今後F1がどうなっていくのかまで踏み込んだ議論が巻き起こることを期待します。(もう一度ファンについての態度を考え直して欲しいです。)
もし、そんな議論がされずに、あっけなく問題を片付けてしまったら(そんな事は無いと信じたいですが・・・)モータースポーツの最高峰といわれたF1は今後どのようにどのようになるのか非常に心配です。
【2005.06.20 (Mon)】 その他 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
F1第8戦カナダグランプリ~波乱のレース
第8戦のカナダグランプリを、眠い目をこすりつつ見てました。

普通に、面白かったですw
リタイヤ続出!!

ひっさびさにあんなにどんどんリタイヤしていきましたね~。
それも、プレッシャーかかってウォールにヒットとか・・・

結局、完走は11台のみでした。優勝はライコネン。
表彰台にはフェラーリ2台が並びました。

これまで、ほとんどミス無くきていたルノーのアロンソがついにミスをしましたね。このグランプリを境に流れが変わるかも知れません。
なにせまだ、シーズンは半分も終わってないんだから・・・


とりあえず、今回のレースをおさらいすると・・・
スタートでルノーの2台がフロントローの2台をぶち抜いて、トップを快走。
フェラーリのシューマッハは出足が悪く、マクラーレンの2台にもかわされ、6位に後退。(バリチェロは予選タイムなしでピットスタート)

フロントローの2台は3ストップ作戦で燃料を積んでいなかったはずなのに、ルノーのペースには全くついて行く事ができず、ルノーがどんどん逃げていった。
3ストップの車がピットに入り、トップ4はルノーとマクラーレンの4台となる。ここで逃げたいルノーのアロンソだったが、チームメイトのフィジケラに抑えられ、なかなかペースが上げられない。
そうしているうちにマクラーレンの2台が猛追し、だいぶ差が詰まったところで2ストップの4台も各車1回目のピットストップへ・・・
ここでアロンソは長い給油をし、2回目の給油を先延ばしにする作戦にでた。この時点ではルノーとマクラーレンが全く同じタイミングでピットストップを行っていたため、アロンソの1周遅れで入ったマクラーレンのモントーヤがピット出口でアロンソの前に出られそうだったが、痛恨のミスをし、順位はかわらず・・・

ピットストップで一時、差の開いたフィジケラとアロンソだったがどうにもフィジケラのペースが上がらず、アロンソはまたも抑えられる形になったが、CMの間にフィジケラがトラブルでリタイヤ。
それによって前の開いたアロンソだったが、後ろに迫るモントーヤのプレッシャーからか、10周もしないうちにウォールにリアタイヤをヒットさせスローダウン。(これまたCM中・・・><、しかも戻ったとき解説者陣は気づいてなかったし・・・)そのままリタイヤし、マクラーレンが1・2体制を敷く。
3番手は3ストップ作戦を取ったバトンとシューマッハがいつの間にか競っていたw
琢磨は1回目のストップの後しばらくしてからガレージに・・・レースが終わったように見えたが、なんと、レース中盤過ぎに復帰し、周回を重ねていたw

このまま、マクラーレンが給油を1回行って勝つかと思った矢先に3番手を争っていたバトンがウォールに激しくヒットし前輪が壊れてそのままストップ、邪魔なところで止まったため、セーフティーカーが導入される。
この時トップのモントーヤはピットに入れず、ライコネンだけがピットイン。フェラーリの2台もこのタイミングを逃さずにピットに入った。
ピットインのタイミングを逃したモントーヤはその1周後にピットに向かったが、大きく順位を落とす・・・ところだったのだが、あせったのか、赤信号無視で隊列の途中に戻ってしまう・・・これにより失格。(ブラックフラッグなんてはじめて見たw)
この時点でなんとフェラーリの2台がいつの間にか2位と4位に・・・
3位にはトヨタのトゥルーリがきたがしばらくしてからブレーキトラブルで、リタイヤ。その何周かあとに琢磨もブレーキで今度こそリタイヤに・・・
前回のヨーロッパグランプリでブレーキにトラブルをかかえ最終周でクラッシュしたライコネンは今回はトラブルを起こさずにそのまま逃げ切って見事トップチェッカー。2番手3番手には棚ぼたのようにフェラーリが入った。

どの車も、狭いコースで非常に抜きづらそうで、周回遅れもうまくよけるのが大変そうだったレースでした。
また、レース中トップを走った車が3台もリタイヤになるといった波乱も起こり非常に面白いレースでした。(おきててよかった♪)

結果としてフェラーリ2台は2位3位と入りましたが、あのスタートの抜かれ方や前半のペースとかみると、去年のような強さは無いなぁ~と感じました。安定感はさすがですが・・・
一方でルノーとマクラーレンの争いはますます激しくなってきそうで中盤戦に向けて楽しみになるようなレースではなかったでしょうか。

毎回こんなサバイバルレースだと面白いんですけどねーw
次戦はアメリカ。そろそろ琢磨もポイントを!って感じですね。
【2005.06.13 (Mon)】 その他 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
vikstar
  • vikstar
  • サッカーはマリノス、野球はベイスターズ。ともに横浜のチームのファン。
    その他にはNFL、NBA、F1等結構いろんなジャンルのスポーツが好きです♪
    現在ファンタジーサッカーに2チームで参戦中!2チーム目の目標は今年の後期で昇格です!
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 豆のウェブサカ記録 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。